4ヶ月予防接種小児用肺炎球菌を注射した翌日に発熱腫れ|経過写真

Pocket

71

娘が生後4か月になったので先日予防接種をしました。

その翌日に注射したところが腫れたので経過を写真でみていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生後4か月の予防接種

生後4か月に受けられる予防接種は以下の4つです。

  • ヒブ(インフルエンザ菌b型)
  • 小児用肺炎球菌
  • 四種混合(DPT-IPV)
  • (任意のロタウイルス5価)

今回はヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合の3つを受けました。

小児用肺炎球菌だけ腫れ 経過写真

3つ受けたうちの、小児用肺炎球菌を受けたところだけ赤く腫れました。

当日は何もなく、翌日に腫れました。

以下は予防接種翌日からの経過写真です。

予防接種 翌日

左腕です。ひじの上の部分が赤くなって腫れています。しこりもあります。

予防接種発熱翌日

予防接種発熱翌日2

↓こちらは反対の右腕です。こちらはヒブを受けましたが何もありません。

予防接種発熱反対の腕翌日

ちなみに四種混合は小児用肺炎球菌の上に打っていますが腫れませんでした。

予防接種 4日後

予防接種発熱4日後

4日経ちました。少し赤みはありますが前ほどではありません。

予防接種 5日後

予防接種発熱5日後

写真の色味が悪いですが、大分落ち着いてきました。

予防接種 10日後

予防接種10日後

もうしこりも赤みもありません。

予防接種翌日には発熱あった

予防接種を受けた翌日のお昼頃、38度の熱がありました。

熱がある以外は、よく笑いよくミルクを飲んでよく眠るので、冷えピタと脇に保冷剤を当てて様子をみることにしました。

するとその日の夜には熱が下がりました。

発熱についての記事はこちら⇒4ヶ月の予防接種翌日に38度の発熱|そのときの様子体験談

予防接種後には腫れることがある

横浜市から届いた予防接種の案内の中に『予防接種のしおり』という冊子があり、そこには予防接種に関する色々な情報が書かれています。

予防接種のしおりの『接種後にみられることがある一般的な症状』という項目には、小児用肺炎球菌についてこう書かれています。

【小児用肺炎球菌】

接種後、接種部位の症状(赤み、腫れ、痛みなど)や発熱がみられることがありますが、通常は数日で消失します。

引用:予防接種のしおり

その後

熱も上がらず、腫れもおさまったままです。本人も元気です。

次回の予防接種の際に、小児科の先生に腫れや発熱について伝えようと思います。

最後まで見てくださってありがとうございました。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です